ProcessingでGIFアニメを作るよ(1)

最近、エンタメ要素が少ないことに気づいて愕然としているReveの技術担当です。
何だかこのままだとブログが備忘録にしかならないので(汗)、何となくエンタメ(っぽい)話をしようかと。
そんなわけで、GIFアニメを作るよ!プログラミングで。

ちなみに、今日はベトナムの建国記念日で祝日だそうですよ。

GIFアニメって何】
皆さんご存知GIFアニメ。パラパラマンガみたいなあれ。

より詳しく知りたい方はこちら(http://www.w3.org/Graphics/GIF/spec-gif89a.txt)

【作り方いろいろ】
そんなGIFアニメの作り方はいろいろあるみたいで、簡単に作る手法もいくつかあるようです。
以下のサイトにもまとめられています。

Twitterにも投稿できる!簡単GIFアニメーションの作り方(http://www.hivelocity.co.jp/blog/30357)
アニメーションGIFを作ろう! 役立つツールと作り方(http://www.lifehacker.jp/2014/02/140208gif.html)

難易度別に見てみると、
[イージー] Youtubeなどの動画をそのまま変換(Jiffy, LICEcapなど)。またはPC画面をキャプチャして変換(Gifzo, Giffing Toolなど)
[ノーマル] 用意した画像をつなげてGIFを生成(GIFアニメ(アニメーション)作成 – バナー工房など)
[ハード] 画像編集ソフトで素材を加工しながらGIFを生成(GIMP, Adobe Photoshopなど)

といった所でしょうか。
画像編集が上手い人はPhotoshopで本格的なものを作ればいいのではないでしょうか(白目)。
編集なんてスキルがあればぁ…あればぁ…あればぁ…orz

【第4の手法】
しかし編集のスキルもセンスもない自分がどうやってGIFをつくるか。
デザインスキルの高い皆さんに対抗するにはどうするかを悩んだ挙句…

…そうだ、プログラミングしよう。
今の時代、技術でどうにかなるんだよ。やるったらやる!

という理由で、素材もなしで一からプログラムのみで作ることに決めました。

【困ったときのProcessing様様】
プログラムでアニメーションというと難しい印象がありますが、こんなときに役立つのが
そう、「Processing」。

2Dでも3Dでも、CGアニメーションが少しのプログラムで簡単にできてしまう魔法の様なプログラミング言語で、なんと作ったアニメをGIFに変換することもできてしまうのです。
ライブラリと少しのプログラミングとアニメーションの知識が(3DならOpenGLの知識も)あれば、GIFアニメが作れるんですって
(何だかこう書くと難しい気がする)。

とはいえ、本当に少しの手間でGIFを作ることができてしまうので、
ぜひやってみましょう。

【次回は】
GIFについては一通り紹介を終えたので、次は作り方に取り掛かろうかと。
今日作ってないじゃんとかいう突っ込みはなしな
次はやります。たぶん

今回はこの辺で(・ω・)ノシ

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

Androidアプリの開発準備(1)

こんにちは、Reveです。技術の方です。
最近になって、ちょくちょくAndroidアプリの開発を勉強しているのですが、
今日はそのAndroidアプリ開発についてを(今更ながら)書いてみようかと。

【Androidって何?】
スマートフォンを購入するときに、よく「iPhoneか、それともAndroidスマホにするか」などと考えると思いますが、Androidとは要するにGoogle社が開発・提供しているOSです。PCでいうとWindowsの様なものに当たります。

そのAndroid上で動くアプリケーションをAndroidアプリと呼ぶわけですが、アプリを開発するための環境もGoogleが提供しているため、自分だけのアプリを開発することができるわけです。

さらに、自作のアプリはGoogleの提供するマーケット(Google Play)で販売することもできます。
自分の作ったアプリで小遣いを稼ぐことも可能で、上手くいけば億万長者も夢じゃない(かもしれない)。

【Androidアプリの開発環境】
そんなAndroidアプリを開発するためのツール(環境)としては、主に以下の2つがあります。どちらも、ここから(http://developer.android.com/sdk/index.html)ダウンロードできます(Eclipseは別)。
1. Android Studio
2. Eclipse + Android SDK Tool

1.のAndroid Studioは、Googleが提供し始めたAndroidアプリ用の開発環境で、IntelliJ IDEAというソフトウェアをベースにAndroidアプリを開発するのに最適化したツールです。導入の手順は 2. Eclipse + Android SDK Tool より少ないので、これから始める方はこちらを導入するのもよいと思います(事前にJavaをインストールする必要があります)。

また、後述のEclipseは「重い」アプリケーションなので、少しでも軽量なソフトを使用したいとなるとこちらが良いのかもしれません。

ですが、当方はあえてEclipse(と Android SDK Tool)を使用しています。
というのも、もともとJavaプログラミングも勉強しており、開発環境としてEclipseもインストールしており、新しく開発環境を入れるより既存のものを利用したかったためADT Pluginの導入を選びました。

Androidのプログラミング言語はJavaをベースとしていますが、Javaアプリケーションの開発も勉強するとなれば、やはりJavaによるプログラミングもできる環境を整えたほうが良いでしょう。
その意味で、AndroidとJavaの両方を利用できるEclipseの導入は有用だと考えています。Javaを理解すれば、Androidのプログラム開発にも大きく役立ちます。

というわけで、次回から Eclipse + Android SDK Toolの導入に入りたいと思います。

続きを読む

テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

べき乗の高速計算

こんばんは、Reveの技術担当です。
今日はべき乗の高速計算でも取り上げようかと。
前回、姿勢計測がどうたらとか言ったな、アレは嘘だw記事にできるほどのクオリティではないので

ここ最近、CodeIQで問題を解いていたりするのですが、その中で数学的な計算の問題が出てきました。
べき乗の計算を高速で処理するプログラムを書くという問題でしたが、数学の勉強とかちゃんとしてこなかったのが祟ってなかなか解けなかったので、自分の備忘録もかねてプログラムの解説をしようかと。

【べき乗】
べき乗とは、同じ数字を任意の回数だけ掛け合わせる計算を意味します。
数式では、Xn というように記述し、Xに任意の数、nに掛け合わせる回数を表記します(25 など)。
一般的にはXのn乗といい、Xを底、nを指数と呼びます。

【実装の問題】
定義としては上の通りなのですが、コンピュータで計算するのには大きな問題を孕んでいます。
Computer_Calculation1.jpg

まず、コンピュータが扱える値には限界があるということです。
一般的なプログラミング環境であれば、(言語にもよるが)64ビットの符号なし整数で18,446,744,073,709,551,616がもっとも大きな整数ということになりますが(浮動小数点数は、精度の話などもあるので省略)、これは2を70回かけるだけでも優に超えてしまいます(2の10乗が1024なので、それを7回かければオーバーする)。

今回の問題は下8桁のみを求めるという前提があるので良いのですが、どうにせよ大きな値を扱える変数型を使わなければすぐ桁あふれを起こして問題になるといえます。

さらに問題なのが、単純に計算を繰り返すだけでもコンピュータにとっては負担になる点です。数十回や数百回の計算程度であれば良いのですが、数百万や数千万単位のべき乗となると計算に相当な時間がかかってしまいます。
今回の問題では計算時間に制限(1秒)があり、処理を工夫しないとすぐにタイムオーバーとなります。

【高速計算アルゴリズム】
え、じゃあ計算できても、問題は解けないの…?

とお思いの方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。
計算の仕方を工夫することで、プログラムの計算量(オーダー)を減らして短い時間で処理が終わるようにできます。

ここで注目するのは、べき乗の乗数(掛け合わせる回数)。
べき乗を2進数で解釈し、値が1となる桁の場合だけ乗算を行えばよいのです。
(313 = 3(1101) = 3(1000) ・3(100) ・3(1)  =  6561 ・81・3)
Computer_Calculation2.jpg

上の例では、そのまま乗算を繰り返すのでは12回計算が必要であるのに対し、先ほどのアルゴリズムを利用すれば6回(位の計算も含めて)で済みます。もちろん、乗数が増えるほど計算量の差は大きくなります。
プログラムでもこのアルゴリズムを実装したいと思います。

【プログラミング】
では、サンプルを見て見ましょう。
今回はC#を使用しています(開発環境は VS Express 2013 for Desktop)。

using System;

namespace RapidPowerCalculate1
{
class Program
{
static void Main(string[] args)
{
for ( ; ; )
{
//標準入力で数値を入れる
//「"底" "指数"」の順番で数値を入れる。2つをスペースで区切ること
//エラー処理は実装していなので注意
String[] temp = Console.ReadLine().Split(' ');

ulong baseVal = ulong.Parse(temp[0]); //べき乗の底
ulong expVal = ulong.Parse(temp[1]); //べき乗の指数

//入力した数値が二つとも 0 であればプログラムを終了
if(baseVal == 0 && expVal == 0) //終了
{
Console.WriteLine();
break;
}

//高速べき乗の計算
ulong rslt = 1; //結果を入れる数値。桁あふれを防ぐため、ulong型に変更

while(expVal > 0) //指数が0になるまで
{
if((expVal % 2) == 0) //指数の最下位1ビット: 0
{
baseVal *= baseVal;
baseVal %= 100000000;
expVal >>= 1; //1ビット分だけ右シフト
}
else //指数の最下位1ビット: 0
{
rslt *= baseVal;
rslt %= 100000000; //下8桁のみを残す
--expVal; //最下位のビットを0にする
}
}

Console.WriteLine(rslt); //結果を出力
}
}
}
}

プログラムでは、まず標準入力でべき乗の底と指数を入力します。
底と指数はスペースで区切って入力します(間違った形式で入力するとエラーになるので要注意)。
すると、べき乗の計算を上記の手法で計算して標準出力してくれます。
底と指数の両方を0と指定すればプログラムを終了します。

なお、このプログラムでは下8桁しか表示しないように、計算のたびに100000000の剰余算をしていますが、
上の桁の計算結果は下の桁には影響しないため、そのまま切り捨てるために計算しています。

【参考】
こちらのサイトを参考にさせていただきました。
- Security Academia (http://akademeia.info/index.php?%B3%DD%A4%B1%BB%BB%BD%E8%CD%FD#zb9cdf81)
- へなちょここーだー (http://augusuto04.hatenablog.com/entry/2015/05/02/183451)

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

08/24のツイートまとめ

Revetronique

ハロン湾なう! #世界遺産 http://t.co/lK4SPXt0FA
08-24 17:45

ジャイロセンサーのお話

こんばんは、Reveです。技術のほうです。
ここ最近はホーチミンのマンガフェスティバルを記事にしていましたが、久しぶりに技術的なネタを投稿しようかと。
というわけで、今日はジャイロセンサーです。

【ジャイロセンサーとは】
物体の角速度を検知するためのセンサー。
小型ビデオ・カメラの手ブレ補正、ゲーム等のモーションセンシング、ロボットの姿勢制御などに使用されます。

【その前に角速度って何?】
え、角速度をご存じない。まあ、加速度と比べたらマイナーな気もする。
とりあえず角速度の説明をしましょう。

角速度とは、物体が回転する速さを表します。単位は通常ラジアン(rad/s)を使用します。
(ラジアンは、円の半径に等しい長さの弧の中心に対する角度、と定義しますが詳細はいつもの通り割愛)。
端的に言えば、物体の回る早さと思ってもらえれば大丈夫です。

この角速度を測れるセンサーが、タイトルにあるジャイロセンサーです。
センサーは回転の速さを計測するほかに、物体の回転角を測定するのにも使用されます。
gyrosensor1.jpg

以前、加速度センサーでも物体の傾斜角を計測する方法を紹介しましたが、物体が動いている場合は余計な力がかかってしまうため、正確な計測ができません。
そこで、このセンサーを使用すれば物体が運動している最中でも、物体の角度を計測することができます。

【サンプル】
今回は、L3GD20というジャイロセンサーを利用したサンプルを紹介します。
このデバイスは、I2CまたはSPI通信で3軸の角速度を計測できるもので、秋月電子で750円で購入できます。

一つ注意点として、このデバイス動作電圧が2.4V~3.6Vの範囲でしかないため、基本的に5Vの電源が必要なArduino(Unoなど)と接続することはできません。そのため、3.3Vで動作するArduino(Pro Mini 3.3Vなど)を用意しましょう。

今回は、I2C通信で値を取得するサンプルを作っていきます(ちなみに、I2C通信についてはこちら)。
ここではArduino ProMini(3.3V)を使用する想定で進めています。

まず、回路を制作するために、以下のようにピンを接続します。
Arduinoジャイロセンサー備考
3.3V1(VDD), 5(CS)CSピンでI2Cを選択
GND8(GND), 4(SD0)アドレスの選択用
A43(SDA)要4.7kΩのプルアップ抵抗
A52(SCL)要4.7kΩのプルアップ抵抗

回路を作る際は、備考にも書いてある通り、センサー側のSDA、SCLピンそれぞれに4.7kΩの抵抗をプルアップで接続します。

Arduinoとセンサーを接続したら、次はプログラムを見てみましょう。プログラムは、Arduinoのススメ内のL3GD20のページを参考にさせていただきました(というか、ほとんど同じorz)。

#include <Wire.h>

// Connect L3GD20 with SDA (A4), SCL (A5)

const byte L3GD20_ADDR = B1101010; // SA0 = GND
//const byte L3GD20_ADDR = B1101011;// SA0 = VDD_IO

const byte L3GD20_WHOAMI = 0x0f;
const byte L3GD20_CTRL1 = 0x20;
const byte L3GD20_CTRL2 = 0x21;
const byte L3GD20_CTRL3 = 0x22;
const byte L3GD20_CTRL4 = 0x23;
const byte L3GD20_CTRL5 = 0x24;
const byte L3GD20_X_L = 0x28;
const byte L3GD20_X_H = 0x29;
const byte L3GD20_Y_L = 0x2A;
const byte L3GD20_Y_H = 0x2B;
const byte L3GD20_Z_L = 0x2C;
const byte L3GD20_Z_H = 0x2D;

void L3GD20_write(byte reg, byte val)
{
Wire.beginTransmission(L3GD20_ADDR);
Wire.write(reg);
Wire.write(val);
Wire.endTransmission();
}

byte L3GD20_read(byte reg)
{
byte ret = 0;
// request the registor
Wire.beginTransmission(L3GD20_ADDR);
Wire.write(reg);
Wire.endTransmission();

// read
Wire.requestFrom((unsigned int)L3GD20_ADDR, 1);

while (Wire.available()) {
ret = Wire.read();
}

return ret;
}

void setup() {
Serial.begin(9600);
while (!Serial) {}

Wire.begin();

Serial.println(L3GD20_read(L3GD20_WHOAMI), HEX); // should show D4

L3GD20_write(L3GD20_CTRL1, B00001111);
// |||||||+ X axis enable
// ||||||+- Y axis enable
// |||||+-- Z axis enable
// ||||+--- PD: 0: power down, 1: active
// ||++---- BW1-BW0: cut off 12.5[Hz]
// ++------ DR1-DR0: ODR 95[HZ]
}

void loop() {
short X, Y, Z;
float x, y, z;
static float xt, yt, zt;

X = L3GD20_read(L3GD20_X_H);
x = X = (X << 8) | L3GD20_read(L3GD20_X_L);
Y = L3GD20_read(L3GD20_Y_H);
y = Y = (Y << 8) | L3GD20_read(L3GD20_Y_L);
Z = L3GD20_read(L3GD20_Z_H);
z = Z = (Z << 8) | L3GD20_read(L3GD20_Z_L);

x *= 0.00875; // +-250dps
xt += x;
//x *= 0.0175;// +-500dps
//x *= 0.07; // +-2000dps
y *= 0.00875; // +-250dps
yt += y;
z *= 0.00875; // +-250dps
zt += z;

Serial.print(X); // X axis (reading)
Serial.print("\t");
Serial.print(Y); // Y axis (reading)
Serial.print("\t");
Serial.print(Z); // Z axis (reading)
Serial.print("\t");
Serial.print(x); // X axis (deg/sec)
Serial.print("\t");
Serial.print(y); // Y axis (deg/sec)
Serial.print("\t");
Serial.println(z); // Z axis (deg/sec)

Serial.print(xt); // X axis (deg)
Serial.print("\t");
Serial.print(yt); // Y axis (deg)
Serial.print("\t");
Serial.println(zt); // Z axis (deg)

delay(10);
}

コメントアウトで少し長くなっていますが、基本的な流れは以下の通りです。
[初期化関数: setup() 内で処理]
1. I2C通信とシリアル通信の有効化
2. センサーの基本的な設定を行う

[メインループ: loop() 内で処理]
1. センサーの計測値を取得
2. 実際の物理量に変換
3. シリアル通信で計測した角速度を送信

全ての解説は例のごとく省略しますが、いくつか詳しく見ていきたいと思います。

まず、センサーの中ではアドレスアドレスというものが設定されています。

ここでいうアドレスとは、センサーのプログラム内での名前みたいなもので、センサーを特定するために使用します。

また、レジスタとはセンサー内の設定、あるいは計測した値を記憶している場所を表します。プログラムではレジスタを指定してから、値を書き込んでセンサーの設定、あるいは値の取得して物理量の測定を行います(C言語のポインタに似てるかも)。

では、アドレスを指定しての読み書きはどう行うか。
それを定義した関数が以下になります。

//センサーの設定を書き込む関数
void L3GD20_write(byte reg, byte val)
{
//アドレスを指定し、書き込みスタート
Wire.beginTransmission(L3GD20_ADDR);
//書き込み先のレジスタを指定
Wire.write(reg);
//任意の値(1バイト)を書き込む
Wire.write(val);
//書き込み終了
Wire.endTransmission();
}

//センサー値(1バイト)を読み取る関数
byte L3GD20_read(byte reg)
{
byte ret = 0; //センサー値の格納をする変数

//値を取得するセンサー(アドレス)を指定
Wire.beginTransmission(L3GD20_ADDR);
//読み取り先のレジスタを指定
Wire.write(reg);
//読み取り先の指定を終える
Wire.endTransmission();

//センサー値の読み取り
Wire.requestFrom((unsigned int)L3GD20_ADDR, 1);

while (Wire.available()) {
ret = Wire.read();
}

return ret;
}


基本的にはArduinoのライブラリを利用していますが、そのまま書くと長くなってしまうため、関数にまとめています。
なお、センサー値は2バイトの値で取得できるのですが、この関数では1バイトずつしか読み取れないため、上位8ビットと下位8ビットを別々に読み取ってから合成しています(レジスタが別々のため)。

あとは、いつも通りプログラムをArduinoに書き込み、シリアル通信で値が表示されれば成功です。
デバイスを回転させると、回転の向きによっていろいろと値が変わると思います。

これを応用して、加速度センサーやデジタルコンパスと組み合わせれば、ロボットの姿勢や移動の軌跡なども測定することができるようになります。
余力がある方は、ぜひ挑戦してみてください。
次回はそのあたりをやってみようかなぁ

【お勧めのデバイス】
ちなみに、加速度センサとジャイロセンサが一体になったセンサーがAmazonで売られてます。
450円と値段も安いのでお勧めです(使ったことないけどw)。

テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

ベトナムマンガフェスティバル2015(番外編 ラブライバーさんたちへ)

こんにちは、日本ではコミケが開催されていますね!
まだ行ったことがないので、帰国したら冬コミに行ってみたいなと思っている夢担当です🎶

夢を叶えるのはみんなの勇気☆ラブライバーさんたちへ。
ラブライブの可愛いレイヤーさんたち💕
20150815153854186.jpg

lovel.jpg
20150815153731472.jpg

ウェディング
wedding.jpg
wedding2.jpg

チャイナ
20150815153007543.jpg
ワンダフルラッシュ
20150815152958838.jpg

風船をいっぱい浮かべたかっこいいことりちゃん!
20150815153222194.jpg
20150815152943829.jpg
20150815153758280.jpg

のんちゃんも多かったです。
20150815153650848.jpg
20150815150449574.jpg

海ちゃん。
20150815152927940.jpg

個人的に一押しのことりちゃん!とにかく可愛かった。
20150815153901832.jpg

会場に入る前の道の看板(残念ながら全員はいませんでした。)
看板

20150815144110916.jpg
20150815144125616.jpg
相方が大好きな真姫ちゃん!!!
maki.jpg

グッズでやっと全員集合
20150815150501124.jpg

μ'sが9人揃ったレイヤーさんたちに出会うことはできなかったのですが、ベトナムのコミケの女神たちも可愛かったです。日本にも女神がいっぱいだと聞いたので気になります。ちょっとコスプレがしたくなってしまいました。
ベトナムでのラブライブの映画公開は10月らしく、相方がそわそわしていますw

ベトナムマンガフェスティバル2015(両日・コスプレイヤーさん夢担当編2/2)

土曜日お休みこんにちは☆マンガフェスティバル in ホーチミンで、コスプレもしていないのに、まだしたことないのに、なぜか写真を撮っても良いですか?と何度か声をかけられた夢担当です。不思議。そんなにフリフリしてたかしら…。写真が多かったので2回に分けて投稿しています♪ということで、続き。

☆シンデレラ 絵になる!
20150805212210179.jpg

☆ワンピースのあの子…名前忘れました…
20150805214621967.jpg

☆軍隊?ムック?即興演技もしていらっしゃいました。
20150805214254291.jpg

☆水滸伝的な人達(何のコスかわかりませんが。)
20150805220749968.jpg
20150805213245862.jpg

☆東方project
20150805213439901.jpg

☆よくわからないけれどイケメン
20150805221132273.jpg

☆よくわからないけれどVIPっぽい方
20150805213653074.jpg

☆デートアライブ 2日目のシノンは靴を履いていましたwかわゆい。
20150805220116943.jpg
20150805220045539.jpg

☆黒執事 シエル
20150805215144241.jpg

★相方の希望によりラブライブは番外編でまとめます。

写真は撮っていませんが、その他のレイヤーさんの種類をざっと。
・ナルトシリーズ:一番多かったです。ナルト、カカシ先生、大蛇丸、サスケ、サクラ、リー、ヒナタ、5代目火影などなど
・BLEACH:死神衣装の方もまぁまぁいらっしゃいました。
・ドラゴンボール:1名→カメハメハしてました。
・銀魂:銀さん、神楽ちゃん、桂、忍者のMの人など。エリザベスはいませんでした。

ざっとこんな感じです。

ベトナムマンガフェスティバル2015(両日・コスプレイヤーさん夢担当編1/2)

相方が嬉しそうにマンガフェスティバルinホーチミン(略して漫フェス)の記事を書いているので私も書きます。相方ことラブライバー(まきちゃんLOVE)がど~うしても行きたいということで、もれなく私も道連れにされましたw
2日間、ほぼ立ちっぱでしたが、アニメも可愛い女の子も好きなので、楽しめました♪

前置きはこれくらいにして、ホーチミンで出逢った可愛い・かっこいいレイヤーさんをご紹介します!

☆ソードアートオンライン 私も大好きなアニメ。
完璧すぎてびっくりな家族
20150805215527577.jpg

カッコいいよシノン! よくぞこの格好をしてくれた!その銃口本当に見えてるよね?
20150805214327242.jpg
20150805214503274.jpg

キリトくんとアスナちゃん
20150805212556131.jpg

キリトくん
20150805220026215.jpg
アスナちゃん
20150805213402506.jpg

☆艦これ
20150805214903702.jpg
20150805212049378.jpg

☆カードキャプターさくら
サクラちゃんとシャオラン
20150805212139372.jpg
サクラちゃんがいっぱい
20150805214640245.jpg
20150805212452451.jpg
20150805213529408.jpg

☆レイヤース 海ちゃんと光!!風ちゃんは!?
20150805220240249.jpg
20150805220139500.jpg

☆ちょびっツ
20150805213216877.jpg
20150805213231679.jpg
ちょびっツのようにみえるけれど…違う?
20150805212520891.jpg
20150805214833490.jpg

☆うたのプリンスさまっ☆
20150805220434550.jpg

☆犬夜叉のかごめ
20150805221152065.jpg


個人的な備忘録としては、先先先々週、いい歳して調子に乗ってフットサルに参加したせいか、右太ももが肉離れ?のようになり、1週間後に左足がピクピクし始め、右足はお尻から足先までピリピリと痺れ、さらに肋間神経痛にもなっているような…私の足よ胸よ大丈夫か状態な日々を送っていますが、やりたいこといっぱい今日もバインミーが美味しい夢担当です☆坐骨神経痛っていうあれかしら…orz

話は変わりますが、ホーチミンの女性は髪を腰くらいまでストレートに伸ばしている方が多い印象を受けました。
レイヤーさん2/2へ続く♪♪♪

08/06のツイートまとめ

Revetronique

今日はドローンを使ったお仕事inベトナム☆ http://t.co/xHQIpYpT25
08-06 12:07

ベトナムマンガフェスティバル2015(2日目・コスプレ編)

最近はマンガフェスティバルの記事ばかりのReveです。
8月最初の記事も、マンガフェスティバルで行こうと思います。

今日はフェスに来ていたコスプレイヤーの方を紹介していきます。
コスプレのバラエティも豊かで、その面でもすごく楽しめました。ハノイでは日本のマンガなどを扱うイベントやお店がまだ少ないのですが、こうしたお店やイベントが増えてくれるといいですね。

マンガフェスティバルでもたくさんのコスプレイヤーの方が来ていましたが、特に最終日は会場内で動けなくなるほどでした。
つたない写真で(色々な意味で)申し訳ありませんが、少しでも様子がお伝えできれば幸いです。

【コスプレ】
まずは銀魂から、銀さんと神楽ちゃんです。
IMGP1543.jpg

デート・ア・ライブから四糸乃
IMGP1528.jpg

・・・早速わかりませんorzごめんなさい
IMGP1433.jpg

ソードアート・オンラインからアスナ
IMGP1724.jpg

ソードアート・オンラインのコスプレはちらほらと見かけました。
IMGP1744.jpg

こちらの方々は、SKE48(だったかな?)のコスプレで、ステージで踊りも披露されていました。
IMGP1591.jpg

あっ、デップー(デッドプール)さんじゃないすか!ちゃーす。
IMGP1524.jpg

何してんすかw
IMGP1661.jpg

中には鎧から武器まで、本格的なコスプレをされている方も!!
IMGP1737.jpg

最近人気の艦これから、「連射砲ちゃん」
…でかいよ、でかすぎるよ(特に横幅が)。道行く人の通行を邪魔してましたw
IMGP1741.jpg

あとは、綺麗なお姉さま方のコスプレで
IMGP1647.jpg

IMGP1704.jpg

IMGP1641.jpg

IMGP1643.jpg

IMGP1559.jpg

IMGP1777.jpg

IMGP1714.jpg

ワンピースから、ボア・ハンコック
IMGP1752.jpg

最後は、ちょびっツです。
公式facebookページのトップ画像にも描かれている彼女です。会場から変える直前でお見かけしたので、最後に撮らせていただきました。
IMGP1810.jpg

と、マンガフェスティバルのコスプレイヤーの方々でした。
ホーチミンではオタク文化が浸透しているそうで、そういったものがまだ少ないハノイ在住の者からすると、うらやましい限りです。
ハノイにもゲームセンターみたいな場所はあるんですけどね。ぐぬぬ…

とりあえず、ホーチミンのマンガフェスティバルはとても楽しかったです。
密度も濃かったですし、ベトナムでのオタク文化の人気ぶりも分かったような気がします。
興味のある方は是非見に行ってみましょう。中々楽しめますよ。では(・ω・)ノシ

テーマ : イベント
ジャンル : サブカル

プロフィール

Reveちゃん

Author:Reveちゃん
コンビでやってます。
夢担当と技術担当がいます。

大学院卒業 → ロボットベンチャー(漆黒)就職 → 1年で退職 → ベトナムで仕事中(今ここ) → メディアアーティスト(未来☆)

リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR